Bataさんの一喜一憂

Bataさんのサブブログ、ウォーキング以外なんでも書いてしまいます

クラロワ初心者による初心者のためのまとめ7(クランに参加して寄付をしよう)

ブログ訪問ありがとうございます!

昨日の記事

では、デッキの見直しについて個人的に思っていることをまとめてみました

人によってタイミングは異なると思うのですが、デッキを見直しても、なかなか勝てない=トロフィー数を上げることができない段階が訪れると思っています

私の場合はアリーナレベル6ぐらいでした
全く何が悪いのかわからないのですが、あと一歩で勝てないことが続きます。この段階でクラロワを止めてしまう人は多いと思っています(なんか楽しくない)

同じようなプレイヤースキルの方と戦う場合、僅差になるのは「キングレベル」「カードのレベル」の差だと思っています

キングレベルは最初は順調に上がるのですが、例えばLv6→Lv7に上げるのには経験値が1000必要になります。経験値はカードをレベルアップすると手に入るのですが、カードのレベルアップもノーマルカードでLv6→Lv7に上げるのに、100枚(ゴールドも1000)必要となります。同じカードを100枚集めるのはとても大変です

整理すると
カードのレベルアップに必要となる枚数が激増する
→なかなかカードが集まらない(種類が増え、必要なカードの入手率が下がる)
→集まってもゴールドがたくさん必要となる(ゴールド稼ぐのも大変)

→カードレベルアップによる経験値が入らない
→キングレベルがなかなか上げられない
という状況に入ります。でも、ここからがクラッシュ・ロワイヤルの本番という感じがします

こうなってしまったら(正確にはこうなる前に)クランに参加しましょう!

クランに参加すると
・リクエストしたカードを他のメンバーから寄付してもらえます
・自分の手持ちカードを寄付するとゴールドと経験値を貰えます
と2つのことができます

クランに参加して寄付はしてもらうけど、全く寄付しない人もたくさんいます。声を大にして言いたい! 君たちは寄付をきちんと理解していない!(と思う)

クラッシュ・ロワイヤルではショップでカードを売るという機能がありません。この代わりに寄付という機能が実装されています。ノーマルカードを2枚寄付するとショップでノーマルカードを1枚購入できるゴールドが貰えます。これRPGで要らないアイテムを半額で引き取ってもらって、より強い武器を購入するのと全く同じです

クラッシュ・ロワイヤルで唯一の換ゴールドが寄付という形で実装されているのです

寄付すると損みたいに考えている人もいるかもしれません。しかし現在88種類のカードがあるのですが、普通使っているカードの種類は20種類以下ではないかと思っています。段々とカードのレベルアップに必要な枚数とゴールドが増えるのでそんなにたくさんのカードを使い続けるのは難しいはず(ガンガン課金していく人は別です)

なので、
・現時点で自分が使っていないカードをガンガン寄付してゴールドを獲得する
・そのゴールドを貯めて、ショップで必要なカードを購入したり、レベルアップに使ったりする
というのが正しい戦略だと思っています(ウルトラレアカードは40,000ゴールドもするので、無課金で買っていくための貯ゴールドには寄付は必須だと思います)

換ゴールドを寄付という形にしているので、クランへの参加意欲は高まっていますし、互いに必要なカードを寄付することで結束も高まるようになっています。この仕組みを考えた人は本当にすごい

寄付の仕組みのおまけとして、寄付に応じて経験値も入ります。これでキングレベルを上げやすくなります

さらに寄付してもらったカードで自分の使っているカードのレベルアップも若干早くなります→早く強くなれます

なので、ある程度自分の使うカードが定まって、使わないカードが貯まってきたら、クランに参加するのがいいと思います

キングレベルが8になると機能が全て開放されます。何よりクラン対戦に参加できるようになり、さらに遊びの幅が広がります。まずはキングレベル8を目指しましょう!

これは個人的な意見なのですが、寄付が活発なクランに入った方が自分のリクエストに応えてもらえると思うので、クランを探すのは土日がオススメです。クランを参照した時にメンバーがどれくらい寄付しているかの値がわかるのですが、月曜にリセットされてしまいます。よって土日にクランを探すと寄付が活発なのか/寄付0の人が多いのかがある程度わかります(月曜日の夜に確認して、皆寄付をしているのであれば、そこはめっちゃ寄付が活発です)

【追記】
9/5のアップデートで『トレードチケット』が実装できました。まだ入手していないので、使い方等わかっていないのですが、クラン内でウルトラレアカードでも交換(トレード)できるようになるようです
→チケットを持っている人が「欲しいカード」「あげるカード」を決めて、それに応じる人がいればトレード成立(応じる人にチケットは不要です)。交換は同一レアリティでレアリティ毎に違うチケットが必要になるようです



Copyright © 2016 bata_sun All Rights Reserved.
このブログ中の文章・写真等は著作権フリーではありません
無断転載・複写・使用を禁止します