Bataさんの一喜一憂

Bataさんのサブブログ、ウォーキング以外なんでも書いてしまいます

アニメ『ナイツ&マジック』が面白い! 第3話までのエルくんの名言(迷言)をピックアップしてみた[ネタバレ有り]

ブログ訪問ありがとうございます!

※本記事には激しくネタバレを含みます。まだこれから観るのでネタバレは遠慮したいなどの方はご遠慮ください。観たことないけど、ちょっと知りたいと思っている方は自己判断でお願い致します<(_ _)>

とうとう第3話まで放送されたアニメ『ナイツ&マジック』、毎週3回以上観ているような気がします(^^;)

に続いて、今日も記事にしてしまいます

本作の面白いのはやっぱり主人公エルネスティくんの台詞、第3話までで気に入った台詞を集めてみました(なので、激しくネタバレしています)

前世のスーパープログラマー(本人曰く本職はプログラマー、でもプロマネ気質もあるトップクラスのシステムエンジニアだと思います)とメカヲタをそのまま引き継いで転生しているので台詞が光ってます

第1章『Robots&Fantasy』より

魔法を学びながら
『そうか! これはプログラムと似てるんだ』

『シルエットナイト設計基礎! こんな素晴らしい授業が!』

『そうです! 僕が変われないなら他を変えればいいんです』

『憧れの専用機、カスタマイズこそメカの華』

『いわゆる魔力転換炉、それこそがシルエットナイトの根源となる器官、いわば心臓です その構造を理解せずしてシルエットナイトを極めることはできません』

『大丈夫、できますよ』

キッドの身の上話を聞いて
『事情は了解しました。それで今後の方針は?
 撃退ですか? 黙殺ですか? それとも闇討ちですか?』

『やっぱり巨大ロボはいいですね
 これぞ心の癒やし、一家に一台は必須です』

『僕は・・・僕は今ロボットに乗っている』
エドガー「ロボット、なんだそれは?」
『男の浪漫です!』


第2章『Hero&Beast』より

敗走の言い訳をするディーに向かって
『良かった
 先輩からなら僕も遠慮なくグゥエールをお借りできそうです』

『やっつけ作業にぶっつけ本番もいいところですが、成功させるしかありません』
『ここからがプログラマーの腕の見せ所です』

『最適化を開始! 修正! 修正! 修正!』

『ロボットに、僕は今ロボットに乗っている』

『いました、いました 見ぃつけた』
ベヘモス発見に歓喜の声

『だったら、巨大兵器破壊の心得その1です』

『先輩、ただいま修羅場の真っ只中ですので、お静かに願います』

『逃げるにしても脚の一本でも潰さないことにはどうにも格好がつきません』

『許しません・・・、ロボットを壊していいのはロボットだけなのですよ』

『生き残ったならば、チェックメイト
で師団級魔獣ベヘモスに止め

グゥエールの騎士は死んだと思っているエドガーの前に出て
『死ぬかと思いました。皆さん、どうされました?』

『今後同じ轍を踏まないためにも、思う存分動かしても壊れない機体が必要です』
アディ「まだやる気?」
『まだではなく、これからですよ』

※考えてみると、魔法制御ですが、ロボットの制御プログラムを構築して(モジュール化もして)、稼働テストしながら最適化するのを瞬時に行っているんですよね(本当にスーパープログラマー

第3話『Scrap&Build』より

国家機密の開示を願い出て、国王「そこまで願う、その理由は?」
『それは・・・、趣味にございます』

『美しい 壊れた機体もまた美しい
 形あるものが崩れ、残骸だけが残る
 これが侘び寂びというもの、美しい・・・』

『そして、それに手を貸したのが自分だという罪悪感混じりのアンビバレントな感傷』

『求める機能があるなら、それに相応しい姿をとっていいと思いませんか?』

『何を仰いますか! ないから創るのです! あったら創りません』

『あぁ、この冷たさ、硬さ、素晴らしい』
アディ「んん、エルくんが硬くて大きくて冷たいのばかり愛でてるよ」

『シルエットナイトの道は1日にしてならずです』


物語がわかっていない方にはなんのこっちゃという台詞も多いと思うのですが・・・

まだまだこれからも名言(迷言)がたくさん出てきそうです

原作の台詞を壊さないようにしていると思いますが、アニメならではの名言(迷言)に期待しています


アニメの展開が早すぎて、情報が不十分なまま物語が進行していくので、お金と時間の許す方は原作もお勧めします(と言っても私もまだ2巻目読了のにわかファンです。アニメは現在2巻目の途中です)

ナイツ&マジック 1 (ヒーロー文庫)

ナイツ&マジック 1 (ヒーロー文庫)

 
ナイツ&マジック 2 (ヒーロー文庫)

ナイツ&マジック 2 (ヒーロー文庫)

 

 アニメでは割愛されてしまっている第3章のシルエットナイト改良の詳細などもわかって、さらに作品が楽しめると思います(原作の親方のツッコミがいい感じです)

Copyright © 2016 bata_sun All Rights Reserved.
このブログ中の文章・写真等は著作権フリーではありません
無断転載・複写・使用を禁止します