Bataさんの一喜一憂

Bataさんのサブブログ、ウォーキング以外なんでも書いてしまいます

言葉の一つ一つが心に響く『一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い』篠田桃紅著

きっかけは忘れてしまいましたが、何故か読みたくなって図書館で借りてきました

独自の視点・考えで綴られた言葉のいくつかが現在の私の心に響いたので、書き留めておくことにします

 

一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い

一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い

 

 

 

自らに由れば、人生は最後まで自分のものにできる

誰か式、誰か風、ではなく、その人にしかできない生き方を自然体と言う

あなたの人生を枠におさめない

自分の目で見れば、新しい発見、新しい喜びがある

感動する気持ちがあれば、この世は楽しい

夢中になれるものが見つかれば、人は生きていて救われる

受け入れられるか、認められるかよりも行動したことに意義がある

予定や目標にとらわれると、ほかが見えなくなる
ときには、その日の風まかせにする


真実は見えたり聞こえたりするものではなく、感じる心にある

なんとなく過ごす、なんとなくお金を遣う。
無駄には次のなにかが兆している


自分の心が自分の道をつくる

真正面だけでなく斜めからも見てみる。新たな魅力があるかもしれない

虫が知らせる、虫が好かない、を大事にする

 

ひとつひとつの言葉がずっしりと心に響きました

時々、他人と比べたりしてしまう自分がまだまだ未熟
まだ自らに由っていない自分に気づきます

いろいろと理由をつけて、やりたいことをやっていない自分も情けない

今読むべき本に出会えたようなような気がします

Copyright © 2016 bata_sun All Rights Reserved.
このブログ中の文章・写真等は著作権フリーではありません
無断転載・複写・使用を禁止します